乾燥肌の原因は、大きく分けて5つあります。 ・生活習慣 ・スキンケア ・湿度 ・紫外線 ・加齢 乾燥肌の原因として、真っ先に挙げられるのが食事や睡眠、ストレスといった生活習慣です。 偏った食生活や睡眠不足、過剰なストレスを受けることによって、肌の潤いが失われ、乾燥肌になってしまいます。 それに、誤ったスキンケアも乾燥肌を引き起こす大きな原因です。 実は、たくさんの方が間違ったスキンケア方法で乾燥肌になってしまっています。 洗顔後の保湿は非常に大切なので、乾燥肌の方はもちろん、オイリー肌の方も行うようにしてください。 また、湿度が低いと空気が乾燥してしまい、それが肌の乾燥を招きますし、紫外線を浴びることで肌の水分を失ってしまうと、乾燥肌につながります。 そして、年齢を重ねれば重ねるほど、肌の潤いが弱まっていくため、乾燥肌になりがちです。 乾燥肌の原因は、このように5つあるので、自分に該当しているものがどれか考えてみてください。 そうすることで、予防・改善策が見えてくるはずです。